備長炭、木酢液、紀州備長炭、調湿材

備長炭 木酢液 調湿材 紀州備長炭 外国備長炭 黒炭、など炭のことならお任せ!


早い発送!口コミ話題!備長炭・木酢液・の(有)綜合


紀州備長炭と木酢液及び調湿剤の販売 支援サイト

紀州備長炭の窯出し
紀州備長炭、発祥の地。
和歌山県田辺市より
紀州備長炭、木酢液、調湿材 をダイレクト販売!
紀州備長炭・木酢液・調湿材のトップトップページへ

紀州備長炭の写真 備長炭の規格 白炭 炭の大きさ 備長炭の長さを掲載(有)綜合


紀州備長炭の写真一覧・規格・選定の重要ポイント
 ≪紀州備長炭の写真一覧≫

※価格につきましては左端の紀州備長炭枠のメニューを選択して下さい。
A price will be told if you can e-mail.


馬目中丸
※価格は左端のメニュー馬目中丸
馬目上小丸
※価格は左端のメニュー馬目上小丸
馬目小丸
※価格は左端のメニュー馬目小丸
馬目細丸
※価格は左端のメニュー馬目細丸
馬目半丸
※価格は左端のメニュー 馬目半丸
馬目乙細丸
※価格は左端のメニュー 馬目乙細丸
樫小丸
※価格は左端のメニュー 樫小丸
切丸
※価格は左端のメニュー切丸
馬目上(荒)
※価格は左端のメニュー 馬目上
馬目並(荒)
※価格は左端のメニュー 馬目並
馬目小炭
※価格は左端のメニュー 馬目小
畑用
※価格は左端のメニュー畑用


≪紀州備長炭の規格一覧≫
名称
Name
ひらがな 長さ
Len
gth
太さ
Thick
ness
概要
Explanation
原木の太さで決まる紀州備長炭 馬目中丸 うまべちゅうまる 20cm〜 4〜6cm 紀州備長炭の中で最も太い商品です。(主燃料)
火持ちは良いです。焙煎、焼き豚、水の浄化、等に
馬目上小丸 うまべじょうこまる 20cm〜 3〜4cm 火床の大きいお店にいいです 。火持ちは二番目にいいです。(主燃料)
「上」とは品質が上という意味では有りません。馬目小丸より直径が大きいという意味です。
馬目小丸 うまべこまる 20cm〜 2〜3cm 火力、見た目はお勧めです。 繁盛店全般、高級料亭、等(主燃料)
火力は、この太さ程度が理想です。
馬目細丸 うまべほそまる 20cm〜 1.5〜2cm 火力、見た目はお勧めです。 繁盛店全般、高級料亭、等(主燃料)
これも火力は強いです。関東方面は比較的火床が細めなので、この細丸がよく使われます。
馬目半丸 うまべはんまる 20cm〜 長辺3〜6cm 太い原木を二つに割ったものです。但し、割で非常に硬く絞まったものを半丸にする場合もあります。 繁盛店全般、等(主燃料)
これもジワ〜っとした良い火力がでます。丁度、セスナの羽を想像して頂ければ結構です。副燃料との併用 をうまくすれば一番コスト削減につながるでしょう。備長炭の傾け方で、火力や火持ちの調整が容易です。
馬目割 うまべわり 20cm〜 長辺〜8cm 太い原木を三つ以上に割ったものです。 一般的に見た目が劣る場合があります。(主/副燃料)よほど太い原木でないと出来ない商品ですから、数の確保が難しいです。 形状は扇型に近いです。上ランクの下商品です。
馬目乙細丸 うまべおつほそまる 10cm〜 1〜1.5cm 非情に細いです。細い分直ぐに火が点き、最高温度に達するのが早いです。ですから、業種によっては 非情に好まれる商品です。地域によって、乙細丸と樫細丸が統一されていない現状があります。
窯の中で自然にできる紀州備長炭 樫割 かしわり 10cm〜 -----cm 馬目割の失敗作、若しくは、馬目半丸の失敗作です。樫割との名称ですが原木は馬目樫です 。馬目と称するには、品質が下がるのであえて樫と名付けています。樫とは馬目より一ランク下の原木名と成ります。
樫小丸 かしこまる 20cm〜 2〜4cm 馬目小丸、馬目上小丸の失敗作です。樫小丸称しても原木は馬目樫です。馬目と称するには、品質が下がるのであえて 樫と名付けています。樫とは馬目より一ランク下の原木名と成ります。
切丸 きりまる 7〜13cm 2〜4cm 馬目小丸を箱詰めする際に、箱寸法からはみ出した部分の切れ端。若しくは、馬目小丸を窯出しする際 短く切れてしまった部分です。場合にはよっては、馬目上小丸が同一条件で混ざる場合があります。あれば、最高にお得な 商品ですが、何せん非情に少ないのが実情です。
馬目上 うまべじょう 7〜13cm 4cm〜 初めて紀州備長炭をお使いになられる方は、ほとんどこの備長炭からスターされます。要するに、他の規格に 入らない商品です。形状は、丸型もあれば角型もあります。全てが写真と同じ常態では有りません。馬目並との使い分けは 火床の大きさで判断して下さい。但し、直径、長さはの数値はアバウト(いいかげん)です。
馬目並 うまべなみ 7〜13cm 1.5cm〜 初めて紀州備長炭をお使いになられる方は、ほとんどこの備長炭からスターされます。要するに、他の規格に 入らない商品です。形状は、丸型もあれば角型もあります。全てが写真と同じ常態では有りません。馬目上との使い分けは 火床の大きさで判断して下さい。但し、直径、長さはの数値はアバウト(いいかげん)です。
馬目小 うまべしょう 2〜6cm 1cm〜 この備長炭の判断基準は、「サイズが小さい」「固くない炭」の二つです。ですから、 握りコブシ程度の大きさがあっても固くなければ、「馬目小」となります。地元の家庭では、ほとんど この備長炭を使用します。焼き鳥店でも、この備長炭を専門に使用しているお店もあります。 但し、跳ねる場合もあるのが欠点。ですが、火さえ点けば跳ねることは有りませんから、火点の際だけ対 処すれば紀州備長炭としての醍醐味は 同じです。直径、長さはの数値はアバウト(いいかげん)です。
畑用 はたけよう 3〜10mm 0.5mm〜 燃料には使えません。畑の土壌改良や風水に利用します。直径、長さはの数値はアバウト (いいかげん)です。樹皮も入ります。
注意
  • 備長炭とは、自然の原木から出来る品ですから、二つと同じ規格のものは存在しません。よって、正確な、円形や角形も存在しないことを御承知おき願います。
  • 目的が飲料水と、燃料とでは、選定基準が違ってきますので御注意ください。
  • 燃料用として一番よい備長炭とは、火床(機能性)、値段(経済性)、業種(実用性)に合った備長炭です。値段だけで決定されるのは本末転倒です。
  • 水の浄化に適している備長炭とは、第一に衛生面です。できる限り、ひび割れが少ないものを選びます。ひび割れが多ければ、備長炭の粉が落ちやすいです。但し、全くひび割れの 無い備長炭は有りません。多少は必ずあります。第二は、出来る限り太い備長炭を選ぶことです。太いと言う事は、カルキや塩素等々の吸収する場所 が大きいということです。燃料は上記で述べた通りです。
  • 自然の原木からできる備長炭は、需要は多いですが数に限りがあります。

 
≪業務用、備長炭を選ぶときの重要ポイント!≫

  • 【火床の寸法】:火床の深さ×横幅×奥行き(何れも内寸)を考え銘柄を決定する。但し、火床の下に 風通し穴のないもは出来るだけ細い備長炭を選ぶほうが良いでしょう。 一般的に世間では”大は小を兼ねる”といいますが、炭の場合は、”小は大を兼ねます”。 太い炭を細長く裂くことはできませんから。
  • 【主燃料と副燃料を選ぶ】:基本的には、主燃料と副燃料を併用されるほうがコストを低く押さえることができるでしょう。紀州備長炭とオガ炭(人工炭) を併用されるのは賢明な考えです。
    主燃料は火力、火持ちがいい備長炭です。要するに金額も若干高めとなります。ですからお客さんの多い時間滞や曜日、季節に よって使用されるのも良いと思います。
    副燃料は主燃料の火力を助けるもので主燃料の隙間等につめて使用するのが一般的です。
    しかし、副燃料でも紀州備長炭ですから、熱エネルギーは相当なものです。よって、副燃料のみを使用されているお店も沢山あります。要するに お客さんの回転がよければ併用されるほうがコスト減になると解します。
    副燃料とは-----細か目の備長炭です。

    ≪コスト減にするための重要ポイント!

  • 【お客さんの回転を考える】:例えば、焼き鳥屋さんの場合、お客さんが入ってくれば出来るだけ早 く焼き鳥を出す必要があるでしょう。しかし、最初から主燃料を使っていたら、お客さんの入りが鈍い場合は備長炭が灰になり、 もったいないです。ですから、最初の焼鳥は副燃料で焼き、徐々に主燃料をいこします。
    焼肉屋さんの場合は、お客さんは入ってくれば直ぐに肉を焼きたいと思うでしょう。ですから、火点きの良い備長炭がお勧めです。 で、満腹になると談笑は少なく店を出ます。ですから、火点きが良く、火力の強い備長炭が良いでしょう。
    炉ばた焼き、居酒屋さんで、お客さん自身が焼く場合は、直ぐに焼ける必要が無くお酒と一品があれば最初は大丈夫。それに談笑が長 いのも特徴です。ですから、火点きはそんなに早くなくても大丈夫、出来るだけ火持ちが良い備長炭がお勧めです。
  • [注意!]お客さんに七輪等で炭火を提供する場合は、必ず火を点けてからお客さんの前に出さなければなりません。万一、爆跳したら大変です。爆跳は、炭内部に溜まったいる 水分の水蒸気爆発ですか、一旦火が点けば大丈夫。必ず、厨房で火点をしてからお客さんにお出し下さい。
 

 
※ ※業務では国産オガ炭もお勧めです※ ※ ※ ※ここは読んで下さい※ ※


↑ページ先頭へ
 

商品の購入方法 | 特定商取引事項 | ご質問 | 会社概要 | サイトマップ | 即注文
紀州備長炭のいろいろ | 木酢液のいろいろ | 調湿材のいろいろ
トップページ
お買い物カゴを確認する
ページに迷ったら”トップページ”、または、右上の”サイトマップ”からお進み下さい


有限会社綜合  〒646-0025 和歌山県田辺市神子浜二丁目3-3
0739-23-5565 fax0120-29-5575