備長炭、木酢液、紀州備長炭、調湿材

備長炭 木酢液 調湿材 紀州備長炭 外国備長炭 黒炭、など炭のことならお任せ!


早い発送!口コミ話題!備長炭・木酢液・の(有)綜合


紀州備長炭と木酢液及び調湿剤の販売 支援サイト

紀州備長炭の窯出し
紀州備長炭、発祥の地。
和歌山県田辺市より
紀州備長炭、木酢液、調湿材 をダイレクト販売!
紀州備長炭・木酢液・調湿材のトップトップページへ

炭、調湿材、床用炭、床炭、炭敷等の施行方法、及び施行写真があります。

調湿材施工 床下材施工 床炭施工 床下備長炭施工 調湿材の敷設を考える(有)綜合


調湿材の施工方法、及び、施工写真
 
次にご紹介するのは、実際、一般の女性が自ら施工を行った写真です。
≪施工概要≫
【施工年月日】: 平成17年7月
【所在】: 東京都西東京市
【敷設箱数】: 70箱
【施工時間】: 約5時間
【施工人数】: 延べ3人
施工写真
備長炭を投げ入れるだけです。女性の方でも大丈夫。
但し、軍手は必要です。爪に備長炭があたってこすれて、爪がとがってしまいます。

 
施工写真
この備長炭は、「馬目並」という商品です。一般に、店舗等のお店で使用される商品です。
 
施工写真
最終的には、いろんな備長炭を入れましたが無事に終了です。
これで30年は大丈夫。

≪一坪に必要な量≫


坪当り

左の写真は馬目小3箱、45kgを敷設しものです。
実際は、1坪弱(0.77坪)です。最近は袋入りが増えましたが、 一坪にどれだけの炭が敷設されているかが確認出来ないのが欠点です

多くの方は袋を敷 き詰めることで、ビッシリと炭を敷き詰めているように錯覚しているのではないでしょうか。 ですが、実際には袋を敷き詰めているのであって、炭を敷き詰めているのでは有りません。

細かい炭を用いた場合、最低でも一坪を隙間無く埋めつくすだけの炭の量が必要です。 紀州備長炭の細かいものは3箱(45kg)が必要です。(直径6pもあるような太い炭であれば 隙間無く埋めつくさなくてもいいでしょう)
※調湿材価格のところに詳しく掲載しています

勿論、袋入り45kgでは金額も高くなるでし ょうが、それは袋代金であり一番大事な、炭の量を満たしていません。
注意!重量できめてはいけません。実際に 床面を埋めつくす炭の量です。袋入りの場合、袋の中の炭を新聞紙に出してみて、新聞紙一枚を埋めつくすのにどれだけの炭の量が必要か確認するのがいいと思います。)

それどれ長所、短所は あるでしょうが、せっかく敷設するのであれば直敷き(袋入りではなく直接敷くこと)にこだわって下さい。 一生に一度の工事です。きっと5年、10年、30年と長い年月を経るにつれ、床下が劣化 されないことに驚くでしょう。

 
<一部分でもいいです>
部分敷設
例えば、炊事場の下だけ、とか、その他洗面所、寝室、風呂場、風呂桶の下、タンスの下、等々大事に思われる箇所 にだけ敷設(ふせつ)するのも良いでしょう。
 
↑ページ先頭へ
 

商品の購入方法 | 特定商取引事項 | ご質問 | 会社概要 | サイトマップ | 即注文
紀州備長炭のいろいろ | 木酢液のいろいろ | 調湿材のいろいろ
トップページ
お買い物カゴを確認する
ページに迷ったら”トップページ”、または、右上の”サイトマップ”からお進み下さい


有限会社綜合  〒646-0025 和歌山県田辺市神子浜二丁目3-3
0739-23-5565 fax0120-29-5575