備長炭、木酢液、紀州備長炭、調湿材

備長炭 木酢液 調湿材 紀州備長炭 外国備長炭 黒炭、など炭のことならお任せ!


早い発送!口コミ話題!備長炭・木酢液・の(有)綜合


紀州備長炭と木酢液及び調湿剤の販売 支援サイト

紀州備長炭の窯出し
紀州備長炭、発祥の地。
和歌山県田辺市より
紀州備長炭、木酢液、調湿材 をダイレクト販売!
紀州備長炭・木酢液・調湿材のトップトップページへ



備長炭の白炭(紀州備長炭)と黒炭について

≪白炭(しろずみ)≫
【製炭時燃焼温度】
:1000℃以上
【消火方法】   
:窯外消火[火の点いた、窯の中の原木を掻きだし素灰(すばい)を掛けて消火します]
【外観】     
:炭の表面に、樹皮がほとんど無く灰が付いて白っぽい
【感触】     
:硬く、叩くと金属音がする
【特徴】     
:火点きが悪く、火持ちが良い、無臭
【用途】     
:料理の焼物[”じゅわっ”としたエネルギーが出るので料理に最適。料理には主流です。]
【着火温度】   
:440〜482℃
【代表銘柄】   
:紀州備長炭、 等々
 
≪黒炭(くろずみ)≫
【製炭時燃焼温度】
:800℃程度
【消火方法】   
:窯内消火[窯口、煙道口を石や粘土で塞ぎ酸欠状態のような方法で消火します]
【外観】     
:炭の表面に樹皮あり、黒一色
【感触】     
:叩くと、にぶい土器音がする
【特徴】     
:火点が良く、火持ちが悪い、臭いが出る
【用途】     
:料理の焼物、茶の湯、鍛冶屋等々[風を送ると、一気に高い熱量を出すので料理や、茶の湯、火鉢、と多種多様に使われる炭です。日本古来の炭。]
【着火温度】   
:328〜398℃
【代表銘柄】   
:黒炭、池田炭、等々
 
 
↑ページ先頭へ
 

商品の購入方法 | 特定商取引事項 | ご質問 | 会社概要 | サイトマップ | 即注文
紀州備長炭のいろいろ | 木酢液のいろいろ | 調湿材のいろいろ
トップページ
お買い物カゴを確認する
ページに迷ったら”トップページ”、または、右上の”サイトマップ”からお進み下さい


有限会社綜合  〒646-0025 和歌山県田辺市神子浜二丁目3-3
0739-23-5565 fax0120-29-5575