備長炭、木酢液、紀州備長炭、調湿材

備長炭 木酢液 調湿材 紀州備長炭 外国備長炭 黒炭、など炭のことならお任せ!


早い発送!口コミ話題!備長炭・木酢液・の(有)綜合


紀州備長炭と木酢液及び調湿剤の販売 支援サイト

紀州備長炭の窯出し
紀州備長炭、発祥の地。
和歌山県田辺市より
紀州備長炭、木酢液、調湿材 をダイレクト販売!
紀州備長炭・木酢液・調湿材のトップトップページへ



紀州備長炭の沿革

紀州備長炭に関する著書はご存知のように、非情に多く出回っているのが現状です。よって、次にご紹介 する文面は、当社の判断基準により真実性が高いと思われる図書から一部を抜粋し掲載致します。

『「紀州備長炭」は、和歌山県が世界に誇れる林産物・高級木炭として、その長い歴史の中で育 まれてきました。日本に白炭を焼く技術が伝わった歴史の一つとして、本県高野山を開かれた弘法大師が遣唐 使とともに唐に渡り、その技術を日本各地に伝えられたとも言われています。
紀州備長炭は,1200年ほど前、熊野地方で焼かれていた熊野(ゆうや)炭が起源とだといわ れ、その後長きにわたって熊野地方で焼かれ、江戸元禄時代に改良されて備長炭の製炭技術が確立したと伝えられています。』
図書名:紀州備長炭 発行者:和歌山県 発行日:平成18年11月
 
備長炭の命名については、いろんな説が・・・
『東京・大阪の一流うなぎ蒲焼店には「紀州備長炭使用店」というケヤキの分厚い板に深堀りし た看板が掲示してある。このごろは、備長炭といえばうなぎの蒲焼屋さん専門の燃料になってしまった気配が あるが、いろいろの料理店にも使われている。
だが、うなぎのような脂の多い生臭さ臭の強い魚肉を焼くには、備長炭はぴったりの燃料で、 備長炭といえばうなぎ屋、うなぎ屋の燃料といえば備長炭ということになってしまった。
ところで、「備長炭」という名は、備中屋長左衛門が作ったので、その名がついたという説 がある。また、万治年間、紀州北牟呂郡の炭やき・大津市右衛門が改良したという説もある。(田中長嶺 「散木利用編」(一九0一)が、元禄年間、備中屋長左衛門が発明したというのが通説になっている。
樋口清之博士によると、備中屋長左衛門は紀州・田辺藩城下町の炭問屋で、享保十五年か ら嘉永七年までの一二四年間に四人存在し、この炭問屋の扱い商品を備長炭と名づけたというが、備長 炭は田辺市の東、秋津川村(今は田辺市の一部)付近の多くの炭やき師により改良されたものであるこ とには間違いない。
備長炭は、一般の白炭よりきわめて硬質で、燃料性がすぐれている。この備長炭をやくに は二つの条件が必要である。一つは備長がまを使うこと、もう一つは炭材にウバメガシを使うことである。』
図書名:木炭の博物誌 発行者:岸本定吉 第4刷発行:1999年2月26日
【岸本定吉】
昭和10年、東京帝国大学農学部林学科卒業。同年、農林省東京営林局勤務。のち小塚製炭試験地担当、富岡 営林署長、林業試験場木炭研究室長、東京教育大学農学部教授、「炭やきの会」名誉顧問などを歴任。林学博 士。著書「炭」(丸ノ内出版)、「薪炭」(大日本山林会刊)「日曜炭やき師入門」(総合科学出版)ほか。平成15年逝去。
 
↑ページ先頭へ
 

商品の購入方法 | 特定商取引事項 | ご質問 | 会社概要 | サイトマップ | 即注文
紀州備長炭のいろいろ | 木酢液のいろいろ | 調湿材のいろいろ
トップページ
お買い物カゴを確認する
ページに迷ったら”トップページ”、または、右上の”サイトマップ”からお進み下さい


有限会社綜合  〒646-0025 和歌山県田辺市神子浜二丁目3-3
0739-23-5565 fax0120-29-5575